読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外堀を着実に埋めている

ああ、背中が痛い・・・

 

そうです。昨日は19時には布団に入り日の出と共に目覚め、二度寝に耽りました。

早く寝て遅く起きる選手権というもんがあれば、私は日本代表間違いなしでしょう。

 

いずれ表彰台の真ん中に立ち、日の丸を掲げ金色のメダルを可愛くかじることは、こういう日頃の鍛錬なくして成り立ちません。

 

こうして私は国民栄誉賞の外堀を着実に埋めているのであります。

 

今日は、お出かけ後近所の図書館に立ち寄りました。

お目当ての雑誌がありませんでしたので、渋々「作家ま行」のコーナーに出向き、本意ではありませんが「登美彦氏」の書籍を一冊拝借いたしました。

 

恋文の技術

www.poplar.co.jp

 

登美彦氏の本であることから、およそ「感動して涙が止まらない人生を変える一冊」にならないこと間違いなしではありますが、京都(現在は奈良在住か・・これは東京時代に書かれた本??まぁそんなことはどうでもよい)のイケてない男子が書いたお話を読みふけることで「プチ国内移住気分」を味わおうと思います。