読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しいな’sキッチン

気ままに日常を更新しています。

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

 

f:id:sheeena:20170423010035j:image

 

という映画を先日池袋の映画館で見てきました(*^^*)

 

大人気の映画・・・というわけではないようですが、私としては何年も前から「待ってました!」という作品です。

 

というのも、この作品は原作の小説がそこそこ人気で、私も原作ファンのひとりなのです。

 

森見登美彦という作家さんなのですが、ハマる方はハマります。

 

合わない方には徹底して合わない。といった極端な読者層が特徴です。

 

作風を簡単に紹介すると

 

京都×大学生

 

これを書かせれば右に出る者はいないだろうという作家さんです。

 

映画の内容は

 

冴えない男子大学生(先輩)が同じクラブの後輩である黒髪の乙女と仲良くなるべく奮闘する恋愛コメディ。

 

見終わった感想をあえて言いましょう。

 

まぁ、安定してくだらない。

見終わった後、何も心に響かない!明日生きる為に何も役に立たないだろうという作品です。

 

しかし、

 

 

しかし、それが良いのです(*^^*)

このくだらない感じこそが、森見登美彦大先生の真骨頂です。

 

私が小説を買ったのは8年程前だったと思います。

それからは、毎年秋になると必ず読むようになり、今では私の人生のバイブルと呼べる本です。

 

f:id:sheeena:20170423010017j:image

 (コーヒーをこぼしたことによるシミも有り、もうボロボロです。)

 

この作品が世に広まればいいなと思う反面、あまり世間に知られたくない!マイナーな存在にとどめておきたい!

 

と複雑な感情が入り乱れる投稿でした。

おしまい。